初めておいでになった方は、「はじめに」を読んでください。


by umepochisky
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

和製ビヨーク

日曜日、おかんが送ってくれたクッキーのアーモンドをかじって、治療中だった前歯がボキッと折れた。

すごいショックというか、凹んだ。
鏡の中の、ヘルパー焼けして前歯のない顔を見てたら、公園に寝泊まりしてる人と同じ顔になっちゃったなぁと思って、社会の底辺に到着した気がした。
なんか、生きてても他の人の迷惑になるだけだから、死んじゃえば?
その方が世のため人のため。って発作的に首をくくろうかってぐらい凹んだ。

が、歯ぐらいで死ぬのも馬鹿げてると思い直す。

ずっとマスクして仕事行くか、仕事休むか、で悩んでたんだけど、“歯がない”のが休む理由としてはどんなもんなんだろうと思って、見苦しいからマスクで隠して行こっとしてたんですが、月曜日1発目のお相手が、前歯がない方だったことに気付く。

前歯がないのが恥ずかしいとマスクで隠して前歯のない人に会いに行く。

それはまずいかもしれない。

鏡の前でニカッと笑ってみると、
見慣れれば、けっこう愛嬌があってかわいいじゃないか。

それに誰かに似てる・・・

あ!昔のビヨークだ!
シュガーキューブ時代、ビヨークも前歯がなかった。
でもかわいかった。

私はビヨークの自分の世界を信じ抜いてるところから来る強さが好き。
あの強さが、かっこいいと思う。

前歯がないくらい、何やねん。どうしたっちゅうねん。

根が単純なもんで、ビヨークに近づいた気がして、なんだか開き直っちゃって、そのまんま出かけてフツーにしゃべったり笑ったりした。
誰1人として、何も突っ込まなかった。
気付かないわけはないと思うんだが、突っ込みにくかったのかなぁ。

おれも、ビヨークのような強さが欲しい。
いや、持とう。
と思ったら、すごい元気になっちゃって。
何でも出来そうな気分になった。気分は和製ビヨーク。
ゴキゲン。


月曜日、筋ジスの人と、初めて外出した。
常に背中の筋肉が突っ張って痙攣したみたいになってるので、見た目に痛そう。
実際激痛らしいんだが、痛み止めを飲んだから痛くな〜いと言われても、すごく辛そう。
時間をかけて、休み休み歩いて40分くらいで帰ってきたら、その人がポロポロ泣き出して、「嬉しい。病気が良くなってるのが嬉しい」と言った。
ほんとに、つい2週間前は歩けなかったのだ。
ポロポロ泣く彼女を見て、私も泣けてきて、でも泣かないように台所で野菜を刻むことに専念してた。
すっげー感動した。
よくなってきて良かった。
心の底から、その人の回復を願うよ。何の邪念もなく、無償の気持ちで私も嬉しいと思ったよ。
[PR]
# by umepochisky | 2006-04-04 11:18 | 日記

仕事って

ヘルパーの仕事は、とても楽しい。
これで飯が食えればどんなにいいだろうと思うけど、
主婦が片手間にする仕事って給料設定だから、
施設に就職でもしない限り、生活はできない。

そして、楽しいからといって生き甲斐とか、生きる目標とかにはならないんだな。
うまくいかない。
どちらかというと介護は“癒し”。
これだけになっちゃうと、多分、楽しくなくなる。
[PR]
# by umepochisky | 2006-03-28 00:34 | 日記

最近

とても久しぶりのログインで、パスワード何だっけ?としばらく考えちゃった。

ヘルパーの仕事は、もう私にとって日常になってしまい、
これといって何事(大きな失敗)もなく、淡々とこなしてます。
3月は、休みが週2日だったんですが、その休みに日雇い労働を始めて、それが疲れる。ぐったり。
お金がないから、日雇いのすぐもらえる給料は助かるんだけど、ちょっとしんどい。

4月からはヘルパーの仕事を5時間半増やして、週休1日になるので、日雇いに行くのは辞めようかなぁ、どうしようかなぁと迷うところ。
4月の半ばから2級の講習に通うことになり、仕事を休まなくていい夜間のクラスなので、1ヶ月毎日通わなきゃいけなくて、しんどそうだなぁ・・・と少し弱気。

でも2級になれば、同じ仕事で給料が30%アップだから、そしたら少し楽になるからがんばらなきゃ。

でもほんとのところ、一番疲れてしんどいのは、本業なんだな。

More
[PR]
# by umepochisky | 2006-03-24 01:33 | 日記

チャーシュー子犬

最近ブログに立ち寄りませんで、ごめんなさい。
やや疲れ気味・・・かも(?)。
まとめてドドンと最近のこと。

10歳の男の子とお笑い芸人の話をした。
子「最近、レーザーラモンHGも落ち目だし、ギター侍も落ち目だし」
私「へーそう、じゃ、最近は誰が人気あるの?」
子「南海キャンディーズ。でも僕は長州小力が一番面白いと思うけど」

と言って、犬のぬいぐるみを操って、面白かったという長州小力のダンスを教えてくれた。
終わってフと、「この犬に、名前をつけてやろう」。

子「うーん・・・・・・長州小力・・・」

そこで私はひらめいた。
お笑い好きの子だからギャグでくるに違いない。
そして長州小力とくれば、これしかないっしょ!!!
チャーシュー小力。

ふっふっふ。10歳の子供の考えることなんて、こんなもんよね。
ところが!
勝ったつもりでいたのに、子供の考えた名前は・・・『長州子犬』。

あぁぁ・・・チャーシュー小力VS長州子犬。
子供の方がウィット効いてて高尚な気がするのは私だけ?
私って、低次元なのねー(トホホ)。

More
[PR]
# by umepochisky | 2006-02-19 22:47 | 日記

統合失調症

念願の、と言ったら不謹慎かもしれないけど、精神疾患の利用者さんの話が来た。

「何曜日の何時から何時までなんですけど、やらない?」と言われ、あんまり入りたくない時間だったから「う〜ん、その時間はちょっと・・・」と渋った。
でも書類の中に『統合失調症の発作』という単語を発見。
「統合失調症って、昔の分裂病ですよね?」
「そうよ」
「じゃあ、行かせていただきます」

ってことで週3回入ることに。

「実は精神病と難病の研修に行きたいんですけど、今はお金がなくって・・・」
と話してみたら、横から「タダでいいよ」と店長の鶴の一声。
おー、何でも言ってみるもんですな。

精神疾患と難病の資格も、ヘルパーと同じで研修を受ければ誰でも取れる資格なんだけど、お金が2万ちょっとかかる。
ラッキー。
店長がタダでいいってんだから、タダでいいんでしょう。うふふ。

私、ひねくれてるのかもしれないけど、こっちの理屈が通らない世界とか、振り回されることが、感謝されることよりも好き。

一見、認知症には全く見えないけど、実は認知症。という利用者さんがいて、言動が理路整然としているので、いったいどこらへんが認知症なのか判らない。
デイサービスに行かれてるのだが、入浴希望だけど空きがないので順番待ち。
でも施設には出かけて、他のことをして時間を過ごされる。

朝、ご本人が入浴の準備をしてるから、あれ?と思ったんだけど、
「それが突然空きが出てね、この前も入れたのよ」
とフツーにおっしゃるので、そうか、空きが出たのか、と入浴用の荷物を持って出てもらった。

が、後で「入浴がないのに入浴の準備をしてくる」とクレームがきた。
ありゃぁ。
言動に筋が通っていたけど、ほんとは混乱していたらしい。
全く見分けがつかない。

そんな風にありゃー、えー、うそーと振り回されるのが、とても楽しい。
変かなぁ?
[PR]
# by umepochisky | 2006-02-13 18:03 | ヘルパーに挑戦日記
めずらしく読書感想文を書くのは、たまたま読んだ筒井康隆の『銀齢の果て』が介護とか老いをベースにしてたから(ちょうど介護フィーバーしてるのでね)。
ついでに思い出した久坂部羊の『廃用身』についてもちらっと。

『銀齢の果て』筒井康隆 (新潮社)
d0063748_3534672.jpg

『廃用身』久坂部羊 (幻冬舎)
d0063748_3561495.jpg


More
[PR]
# by umepochisky | 2006-02-02 03:56 | オススメモノ

被害妄想

あーこれが被害妄想なのかと痛感した出来事。

More
[PR]
# by umepochisky | 2006-02-01 01:00 | ヘルパーに挑戦日記

鰹節屋

昔は、鰹節専門店があったんですねー。
知らなかった。
《土佐屋》
d0063748_22275771.jpg
西新宿5丁目地区。
[PR]
# by umepochisky | 2006-01-31 22:28 | 消えてゆく新宿
「私、まだ毎日のように失敗するんです」

と他のヘルパーさんに言ったら「え!?」って驚かれた。
その反応を見て、私も「え!?」と驚いてしまった。

やっぱり、他の人は滅多に失敗なんてしないんだな。

例えばどんなことをやらかしてるかと言うと・・・・

昨日の昼食介助。
その方は配食サービスを利用しているので、調理する必要はないんだけど、レンジでチンするくらいはします。
特にご飯ものは冷めると固くなるので、少し水を垂らして温めて柔らかくし、さらにスプーンでほぐして食べやすくしなくてはいけません。

昨日のご飯は「北海鮭飯」。
錦糸卵とほぐした鮭の身が散らしてあって、私も食べたいほど美味しそう。
で、チンしたのをほぐしていると、なんだかスプーンの先にガチガチ当たって、およそ食べ物らしからぬ物体が・・・
薄いオレンジ色の膜を被った、中身は真っ白のビーズの玉が15粒ほど固まってます。

なんじゃ、これ?

「これ固くて食べられなさそうだから、ちょっとよけときますね」

ご本人は、もしかしたら美味いもんかもしれない、とばかりに1粒口にされましたが、やっぱり吐き出されました。

2人して小首を傾げて、
「不思議ねー。なんだったんでしょうねー、これ」
といぶかしんでました。

が!
ごめんなさい。
私はチンする前に見てしまってました。
そこにイクラが乗っていることを。
えぇ、そのビーズはイクラの成れの果てだったんです。

未だかつてイクラを加熱したことがなかったので、熱を加えるとガチガチになってしまうことを知りませんでした。
っちゅうか、生物だからよけてチンしよう、なんて細やかな気配りができなかったんですな。(自分用に買ってきた弁当でも同じことをやった自信あり)

ヘルパーとして、じゃなくて、人としてズボラってことなんですが。

そういう失敗を、日々やらかしてしまってます。

ご本人は最後まで、「これ、なんだったのかしら?」と気にしてらっしゃいましたが、「ごめんなさい。イクラを加熱しました」とは言えませんでした。
だって、「えー!イクラは大好物なのにー。食べたかったよー」と泣かれたりしたらイヤだったから。
イクラとは言わずに、きっと温めたらダメなものだったのね、と謝っておきました。

ハイ。二度とイクラは加熱しません。誓います。
[PR]
# by umepochisky | 2006-01-28 17:30 | ヘルパーに挑戦日記

月経前症候群

昨年の後半から、月経が始まる1〜2日前になると理由もなくネガティブになるようになった。
今では慣れたもので、「あぁもう全てがイヤになった」と悲観的になりながら、「月経がくれば治る」と楽観的だったりする。
相反する気持ちが共存している妙な状態。

今日、突然ホームヘルプサービスが1件打ち切りになった。
通院介助のお仕事だった。
先週までは、3月くらいをめどに、1人で通院するようにしたいとおっしゃってたのに、いきなりもう来週からは来ないでいいと言われると、ただでさえ理由もなく悲観的になっていたから凹む。

特にクレームがあったわけじゃなくて、ご家族が「もう1人で大丈夫」と判断されたからだと会社から連絡があった。

以前から薄々もしかして?と感じてたんだけど、その利用者さんはヘルパーと通院するのがイヤだったんだと思う。
ヘルパーが派遣される前は、タクシーで通院していた。
それがヘルパーが入ったら、楽になるどころか、この寒い中、車椅子で通院させられる。
帰りに美容院や喫茶店に寄ることもできない。
ヘルパーがいない方が、通院は簡単で寒くなくて気楽でいい。
それで
「もうヘルパーはいらない」と訴えられたんだと思う。
あくまで私の推測だけど。

もっと「ウメポチさんと通院するのが楽しい」って思ってもらえるようなケアができていれば、こんなに早く打ち切りにはならなかったかもしれない。
何か気を悪くさせてしまったのかもしれない。
クヨクヨクヨクヨ・・・。
体もしんどいので、余計にクヨクヨクヨクヨ・・・・。

でもこれも月経前症候群のせい。

明日になれば、考えも変わる。

結果的に、その利用者さんが望む生活スタイルになったのだ。
身体状況が悪化したわけじゃない。
クレームがついたわけじゃない。
ご家族だって、早く自立させたいと願ってたんだから、
彼女がしたいと望む生活になって、なんで私がクヨクヨする必要がある?
ハッピーエンドじゃないか。

ただ突然すぎただけ。
[PR]
# by umepochisky | 2006-01-21 02:18 | ヘルパーに挑戦日記